脇汗は手術しないと治らない?手術無しで対策改善!

Published / by waki_013 / Leave a Comment

脇汗というのは本人も苦痛ですが、周囲にいる人間も不快な気分になってしまうことというのもあるものです。ですから汗拭きシートやスプレーなどで解決できるものであればそういったグッズを使っていくのも良いでしょう。ですが道具を使って解決するようなことができても、道具を使っての効果というのは一次的なものであるということも多いので、手術をしてみても良いでしょう。脇汗の手術をすることによって永久的に脇汗に悩まなくても良いということもあるものです。ですが費用も掛かりますし、病気や怪我をなどでもないのに自分の体にメスを入れるのは嫌だということもあるでしょう。ですからメスを入れずに解決する方法として手術なしで対策できる方法を優先してみても良いです。手術なしで解決する方法として、道具を使う方法がありますが、その他に食べ物や飲み物で対策をする、ということもあるものです。食べ物や飲み物も、こってりとしたものや代謝が悪くなるものだと腸の働きも悪くなり、体臭や汗が臭くなる原因にもなってしまうものです。ですからそういったことにならないようにするためにも食べ物もお腹に溜まらないものを選ぶようにしましょう。また、シンプルなお水は体の巡りを良くしますし、代謝を良くすることにもつながるので良いです。まめに汗を拭きとることの他、汗が臭くならないようにするために食べ物にもこだわるようにしても良いでしょう。毎日気をつけるようにもしましょう。

脇汗や臭いは体質改善で解消されますか?

Published / by waki_013 / Leave a Comment


暑い夏場になると特に気になるのが、体臭についてです。特に蒸れやすい脇については、特に運動をしたり忙しく動いていなくても、自然と汗が出てきてしまいます。そのため、脇汗による臭いは特に気になってしまうのです。
脇の臭いについては、単なる汗の臭いの場合と、ワキガの可能性もあります。ワキガの場合は、主に思春期の頃に発症することが多くなります。そもそもワキガは、汗をかく汗腺のうち、アポクリン汗腺から分泌される汗に雑菌が混ざり反応することによって発せられる臭いです。このアポクリン汗腺は、思春期の頃の第二性徴のときに発達することから、ワキガの体質を持っていることで発症するのです。
ワキガを治療したいと考えた場合、完全に治療するためには、アポクリン汗腺をひとつずつ取り除いていく手術を受けなければなりません。しかし、子供の頃に手術を受けると、その後にアポクリン汗腺が発達することで再発する恐れがあります。また、皮膚を縫合することで、後に皮膚が突っ張った感覚が残ってしまうこともあるのです。
このようなリスクがあるため、手術をせずに、自分でケアをしていくこともひとつの手段です。これはワキガだけではなく、脇汗の臭いが気になる場合も言えることです。その一つとして、体質を改善することが有効となります。主には食事の改善が、臭いを抑制する上で必要なこととなります。具体的には、動物性のタンパク質や脂質を控えることが重要です。これらが多い食事を続けることで、体臭はきつくなる特徴があるからです。

ノースリーブ、ワンピースの脇汗を対策する方法

Published / by waki_013 / Leave a Comment


脇汗に悩んでいる女性は多いです。とてもすてきなワンピースやノースリーブを着ても脇汗が目立ってしまっては台無しということになります。脇汗の量と頻度というのは実は、精神的にも大きくかかわっているといわれています。過度はストレスや緊張や不安などがあると、脇にある汗腺が刺激されてしまうことで過剰に汗がでることになります。ですからなるべく緊張をしないように深呼吸をしたりストレッチをすることも大切です。それでも脇汗が治まらないというときは、下着で防ぐという方法もあります。汗取りインナーをきたり汗シミスプレーなども効果的です。それでもおさまらない脇汗というのは、手術という方法もあります。手術の方法はいろいろありますが、まずは手軽にできるボトックス注射をしてみるというのも1つの方法です。それでもまったく効果がないというときには、汗腺をきってしまうという手術もあります。これは脇汗がひどくてなにも考えられなくなるほどひどい人には考えたほうがいいですが、通常でしたらお勧めできません。というのも100%成功するとはいいきれないからです。人によっては効果がないときもありますし傷がのこったり痛みが残ることもあるからです。脇汗対策は人によっていろいろありますから、まずは自分で試してみることが必要です。さらにはワンピースやノースリーズでも黒や白は目立ちにくいです。さらにはポリエステルの生地は目立ちますが麻は目立たないので、材質を考えてみるのも1つの方法です。

洋服の脇汗のシミを防ぐ、止める方法

Published / by waki_013 / Leave a Comment

洋服の脇汗のシミに悩まされているという人は多いのではないでしょうか。私も季節を問わず年中洋服に脇汗のシミができてしまい困っていました。しかし、きちんとした対策を講じることで脇汗にまつわる悩みを解消させることができました。汗には大きく分けて三つの種類があります。体温調節のためにかく温熱性発汗、辛いものを食べたときなどにかく味覚性発汗、緊張や興奮や不安などの精神的なストレスによりかく精神性発汗の三つです。その中の精神性発汗が脇汗の原因となります。精神性発汗は温熱性発汗や味覚性発汗に比べてベタベタした汗で臭いも伴います。私が講じた対策は、日頃の生活習慣を見直して精神を穏やかに保つ、制汗剤を使用する、汗取りパットを使用するという方法です。生活習慣においては、適度な運動をしたり睡眠時間をきちんと確保したり食生活に気をつけたりしました。ストレスや疲労をため込まないようにするということも心がけました。汗を止める方法としては塩化アルミニウムが配合されているローションタイプの制汗剤の使用が効果的です。汗をかく前に脇になじませておくことで発汗を抑制できるので、汗による不安や不快感やストレスが解消されて精神的にも楽になります。汗のシミが目立ってしまう色や素材の洋服を着るときは、汗取りパットを使用して洋服を脇汗から守りました。これらの対策を講じたことにより見事に脇汗にまつわる悩みを解消させることができました。これからも積極的な対策に努めていきたいです。

脇汗が目立たないシャツ、服の素材と色

Published / by waki_013 / Leave a Comment


気温が上がってくると薄着のシャツを着用するようになりますが、同時に脇汗を掻くようにもなりますから、汗染みが目立ってしまうのが厄介です。汗っかきの人や多汗症の人にとっては特に辛いといえます。
脇汗を目立たせないためにも、シャツの素材と色に気を使ってみましょう。
おすすめの素材は、レーヨンやポリエステルといった化学繊維です。これらの化学繊維は通気性が良く、繊維の織り目に隙間がありますから、汗が早く乾いてくれます。
逆に綿や麻、ウールなどは水分を吸収しやすいため、いつまでも汗染みが残りやすい性質を持ちます。夏場だとウールの素材のシャツを着る人は少ないでしょうが、お手頃価格の綿のシャツは多く売られています。丈夫で洗濯のしやすい綿ではあるものの、脇汗対策としては適しませんので、出来る限り避けることをおすすめします。
速乾性や通気性に優れる素材だと蒸れによる汗臭さや、あせも対策にもなるメリットを持っています。他に、サテンやシルクなどの光沢のある素材のシャツを選ぶと、光が反射して汗染みがわかりにくくなります。
続いて色を見ていきましょう。目立ちにくい色はシンプルな白や黒です。濡れても色の変化が少ないのが特徴です。しかし、白は汗染みが黄色く残ると目立ってしまいますから、こまめに洗うことが大切です。
グレーやカーキの他、青や赤、黄色の原色に近い濃い色はとても脇汗が目立ちます。白や黒以外のシャツを着用したいなら、細かな柄がついているシャツを選ぶと目立ちにくくなります。

寒いのに脇汗が止まらない理由と対策

Published / by waki_013 / Leave a Comment

寒いのに脇汗が止まらずに悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。気温や湿度が上昇して暑いときや運動をしたときや入浴をしたときにかく体温調節のための温熱性発汗は体温が低下すれば汗も自ずとひいていきますが、脇汗は季節を問わずいつでも発汗が起こり得るのでとても厄介です。その原因は、精神性発汗によるものです。精神性発汗とは、不安や緊張や興奮などの精神的なストレスにより発汗が促されます。寒いのに脇汗が止まらない理由もそれにあたります。精神性発汗は温熱性発汗に比べて汗がベタベタしていて臭いも伴います。洋服に汗染みができてしまうという問題もあります。私も年中脇汗に悩まされていたので対策のために様々な方法を試してみました。その中で最も効果的だったのが、生活習慣の改善と制汗剤の使用です。生活習慣においては、栄養バランスのとれた食事、簡単な運動を習慣づける、しっかりと睡眠をとる、規則正しい生活リズムを身につける、ストレスや疲労をためないようにする、水分をこまめにとるなどを心がけました。制汗剤は、塩化アルミニウムが配合されているタイプのものがおすすめです。汗をかく前の清潔な状態の脇になじませておくことで発汗を抑制する効果があります。汗の量が格段に減るので臭いや洋服の汗染みも気になりませんし、汗をかいているという不安や心配がなくなるので精神的にも良い影響がありました。寒いのに脇汗が止まらない理由と効果的な対策方法を知って悩みを解消させましょう。

脇汗と交感神経の関係について

Published / by waki_013 / Leave a Comment


人間の体は交感神経と副交感神経という自律神経のバランスを保ちながら健康的な生活をしています。自律神経というものは、人間の無意識の中で働く器官です。呼吸をする、汗をかく、眠る、精神の安定などは自律神経の働きです。起きている時間に働くのが交感神経で、眠っている時間に働くのが副交感神経です。ストレスや、睡眠不足、不規則な生活などによってこの自律神経のバランスが乱れることがあります。これを自律神経失調症といい、体や精神に様々な不調をもたらしてしまうのです。昼間働く交感神経は汗腺と深い関係があり、体や心にストレスを意識することで、積極的に交感神経が働き汗腺の働きが活発化してしまうのです。特に脇の下には汗腺がたくさんあるので、脇汗を異常にかいてしまうなどのことがあります。運動したわけでもなく、暑いわけでもないのに脇汗をかいてしまう時には、自律神経のバランスが崩れていると考えると良いです。そして、なるべくストレスのない生活、リラックスする時間、良質な深い眠り、適度な運動などを心がけることで改善していくことが多いです。また、女性に多い更年期障害は、女性ホルモンの分泌の急激な減少によって自律神経のバランスを崩して、血管の拡張収縮が正常に行われなくなることで脇汗をはじめ体の様々な部分に汗を大量にかきます。このように、自律神経のバランスと発汗はとても関係が深いものなのです。体や心が疲れ切っている時にはしっかりとした休息をとって、体内リズムを取り戻すことが大切です。

脇汗は呼吸法で自律神経を整えれば治る?

Published / by waki_013 / Leave a Comment

人は精神的なダメージを受けることによって、緊張したりストレスがたまったりします。こんな時に手汗や脇汗を大量にかいてしまうことを、精神性発汗といいます。これは多汗症という病気の一種です。全ての人がなる可能性があるそうです。これは自律神経の乱れによって、汗をかきやすくなります。そんな症状を抑えるための方法として、普段の呼吸を意識するだけで改善できる可能性があります。自律神経を整える呼吸法として、仰向けになり両手をおへそあたりにおき、鼻で息を吸い込み、口からゆっくり吐き出すという呼吸法を10分程度繰り返しおこないます。コツとしては、何も考えずにやることです。緊張から離れられる時間(寝る前や家事などが全て終わって1人になれるときなど)を見計らっておこなうと効果が出やすいでしょう。リラックスしておこなうことができないと、逆に手汗や脇汗を出しやすい状態になってしまうので、逆効果でしょう。特別な薬品や道具などを使わずに、呼吸法によって自律神経を整えることだけで脇汗などを抑えることができるのですから、すぐにでも実践したいですね。自分だけが特別で、手汗や脇汗が異常に出てしまう、と考えると暗い気持ちになりますが、簡単な対処法で改善させることが出来るとわかれば、何とか乗り越えられそうではありませんか。多汗の症状があまりにもひどい時には、違う原因があるかも知れないので、必ず病院を受診したほうがいいでしょう。